MENU

血液循環を良くするにはDHA/EPA配合のサプリメントがおすすめです☆

血液循環はサプリメントで良くなります!
最近、身体に疲労感や倦怠感を感じませんか?それ、血液循環が悪くなっているからかもしれません。血液循環が悪くなると、必要な栄養素や酸素が充分に運搬されず、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

疲労感や倦怠感はその症状のひとつです。食生活に問題があったり、運動不足だったり、過度なお酒やタバコの摂取だったり、、、、いくつかの生活習慣の乱れやその他要因が重なって血液循環が悪くなってしまいます。

 

血液循環が悪いと生活習慣病に。。。

そこで、サプリメントで血流を良くする成分を摂取することが重要です。サプリメントは普段の食事だけで補えない成分をカバーしてくれ、食後に水で飲むだけなので、対策としては手軽です。

 

効果に個人差はありますが、摂取しないよりはずっと良いです。年齢のせいだと放置していると大変なことになってしまいます。見て見ぬフリせず、しっかりと対策しましょう。まだまだ遅くありません、血液循環の悪化はあなた次第で改善できるのです。

全身の血液循環を良くするサプリ【おすすめランキング】

 

きなり(さくらの森)の特徴

脅威のリピート購入率92%!厚生労働省が推奨するDHAとEPAの摂取量は1日1000mgで、きなりなら、1日の摂取量4粒で、なんと500mgものDHAとEPAを摂取できてしまうのです。これだけ摂取できれば、あとは普段の食事と合わせて1000mgに到達するのが容易になります。

クリアオイルにより吸収率を高め、ナットウキナーゼにより血栓溶解作用、血液がサラサラになる効果も期待できます。血液がサラサラになると血流が良くなります。クリルオイルには、ビタミンEの1000倍の効果があるアスタキサンチンが含まれており、たった4粒でビタミンEの1日の摂取量の200%も摂取できてしまいます。

ランキングの中で唯一返金保証がある、自信を持ってオススメできるサプリメントです。

価格 定期コース初回1980円
評価 評価5
備考 1日あたり初回66円!返金保証:全額保証・15日以内
 

大正DHA・EPAを通販購入する

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

あの「リポビタンD」でおなじみ、大正製薬が開発したサプリメントです。

DHA400mgとEPA200mg、合わせて600mgも入っています! 個別包装で酸化を防いでいるので持ち運びにも便利。外食時でも飲み忘れを防げます。胃の中で約3分で崩壊してしまうほどの溶けやすいカプセル錠が、青魚のサラサラした成分を身体に届けます。生臭さもなく、とても飲みやすくできています。

定期購入なら初回はたったの1000円!コストパフォーマンスも抜群です。

価格 定期コース初回1000円
評価 評価4
備考 大正製薬による高い品質のサプリ☆ 継続購入の縛りなし☆
 

美健知箋 (佐藤製薬子会社)を通販購入する

美健知箋 (B&H SATO)の特徴

ゾウのマスコットキャラクター、サトちゃんでおなじみ佐藤製薬の子会社が開発したサプリメントです。

第3位のサプリメントと同様に、極小サイズのサプリメント5粒で1包に小分けされていて、とても飲みやすくできています。1包に、DHAが550mg 、EPAが200mgも含まれています。他のサプリメントを圧倒する含有量です。

「飲みやすく、続けやすい。それが製薬会社品質」と謳っているだけあって、かなりの高品質で、通常価格は6480円と高い部類ですが、定期コースであれば初回84%オフで1000円で購入できます。定期コースの継続購入の縛りがないので1カ月以内に解約が可能です。含有量にこだわるなら間違いなくこれでしょう。

価格 定期コース初回1000円
評価 評価3
備考 DHA550mg EPA200mg!
 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット(小林製薬)を通販購入する

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット(小林製薬)の特徴

血液をサラサラにする効果の高いナットウキナーゼを2000FUも摂取できます。日本ナットウキナーゼ協会が推奨する摂取量が2000FUですので、1粒で1日分摂取できてしまいます!

独自の製法により、納豆独特のニオイと、血流の改善に不要なビタミンK2を除去しているので、飲みやすく安心です。さすがは誰もがご存知の小林製薬です。

血液サラサラ成分であるケセルチンを、通常のたまねぎの1.5〜3倍も含まれている「さらさらレッド」という北海道栗山町でのみ栽培されているたまねぎを使用しています。たまねぎ、納豆と普段から摂取しているものの成分を利用しているので、安心感の高いサプリメントです。

価格 (単品購入)初回1134円
評価 評価3
備考 DHA・EPAにナットウキナーゼ配合で血液サラサラ!
 

みやびのDHA&EPAオメガプラスを通販購入する

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の特徴

美容や健康効果の高い成分が多く含まれている亜麻仁油、DHAとEPAの酸化を防ぐアスタキサンチン、吸収を助けるクリルオイルをたっぷり含んでいます。DHAは364.5mg、EPAは127.5mg摂取できます。

1日の摂取量の目安が4〜6粒となっていますが、他のサプリメントと同等に比較するには6粒が目安です。飲むのがちょっと大変かもしれません。 定期購入のコースが豊富なので、自分に合ったコースを選べるところがステキです。今なら特典でカードホルダーとピルケースがもらえます。

価格 定期コース初回1666円
評価 評価3
備考

 

血液循環を良くする生活習慣とは

血液循環を良くする生活習慣として、まずは体をこまめに、または良く動かす生活習慣が挙げられます。こまめに体を動かしたり、運動をしたりする習慣があると、筋肉や体全体がほぐされ血流が良くなることが期待できます。また有酸素運動には血管をしなやかに、柔軟に保つ作用も期待できるので、そのことも血の巡りを良くするためには効果的なことです。1日20分程度の運動が望ましいとされており、1回あたり10分程度であれば、それを積み重ねていくことでも良いと言われています。まずは無理のない範囲から体を動かし始めてみると良いです。それからしっかりとした時間、質の良い睡眠と言うのも血液循環を良くする生活習慣のひとつです。睡眠が不十分だと、体は疲れやすくなります。疲れやすい体で頑張っていると、筋肉や血管は縮こまりやすくなり、結果として血液循環も滞りがちになります。その状態で活動を続けていると、ますます疲労度が増したり、血流が悪くなってしまうことが考えられるので、しっかりと睡眠をとることが必要です。まとまった時間、睡眠することが難しいと言う人は、その質にこだわってみるのもおすすめです。それから食生活です。血液循環を良くするためには、そのために作用が期待できるDHAやEPA、食物繊維、野菜などを積極的に摂取することが望ましいです。逆に動物性脂質の多い肉、特に脂身や、高カロリー、高糖質の食事を過度に食べているような場合は注意が必要です。そして血液循環を良くするためには、過度な飲酒、喫煙習慣を断つことも必要です。アルコールは適量であれば血液循環を良くする作用が期待できるのですが、量が過ぎると血管に中性脂肪を蓄え、血流を阻害させる要因になってしまいます。そして喫煙ですが、これは健康にとって良いことはひとつとしてありません。血管に対してもダメージが大きく、それによって血液循環が滞りがちになることも考えられます。ですからこうした生活習慣を持っている人は、今からそれを断つことが求められます。

 

 

血液循環が悪くなる原因とは

血液は栄養と酸素を体内の必要な所に届け、不要なものや二酸化炭素を体の中から出す役割を担っています。血液の流れがスムーズであれば、内臓機能の働きが高まって免疫力が向上した状態を維持することができます。ですので、血液循環を良くすることは、健康な体を保つためには欠かせません。しかしながら、現代人の多くは血液循環に問題があり、血行不良を起こしています。血液循環が悪くなる原因は、いくつか考えられますが、その多くは生活習慣に潜んでいます。
まず考えられるのは、自律神経のバランスです。ストレスは、交感神経が優位になっている状態です。この状態が長く続くと、血管が収縮して血行が悪くなります。逆に過度にリラックスした状態が続くと、副交感神経が優位になり、筋力が低下します。すると体温が低くなり、血行不良を起こします。ですので、交感神経と副交感神経がバランスよく働いている状態が血液が滞りなく流れるためには必要です。また、病気などに罹った時、症状を抑えるためには薬は有効ですが、薬に頼り過ぎると免疫力が低下し、血行を悪くさせます。体調を崩したら薬を飲むという姿勢ではなく、日頃から免疫力をつけるよう心掛けることが大切です。そして、運動不足も血液循環を悪くさせる原因の一つです。筋肉は血液を循環させる働きがあります。ですので、筋力が衰えると、全身の血の巡りが悪くなります。特に脚の筋肉は、心臓まで血液を送り返す役割があるため、鍛えておく必要があります。デスクワークが中心の人や、忙しくて運動する時間が取れない人は、階段を使ったり、一駅分歩いたりなど、日常生活の中で積極的に体を動かす機会を作るようにしましょう。また、姿勢が悪いと血液の循環を妨げ、肩こりなどを招きます。さらに、食生活にも血液循環を悪くさせる原因はあります。加工食品や食品添加物が多い食品、スナック菓子、砂糖が多く含まれるお菓子類、夏野菜や熱帯などで採れる食材、冷たい飲み物などは体を冷やす原因となります。発酵食品や根菜類など、体を温める食材を多く使った食事を取るようにするのがおすすめです。飲み物もなるべく常温か温かい状態で飲むようにしましょう。

 

 

血液循環を良くする食べ物とその成分

血液循環を良くする食べ物には、各種の有効成分が含まれるのが特徴で、普段の食事では欠かさずに摂取すれば全体的な健康状態が改善します。香味が素晴らしい柑橘類には、精油成分としてリモネンが含まれるだけでなく、血液循環を良くするヘスペリジンが豊富に含まれています。冬の季節には、ウンシュウミカンを食べる習慣があるのは、ヘスペリジンによる作用で体を温めるためでもあります。ヘスペリジンはユズにも豊富に含まれることから、寒い時期には鍋料理などの薬味で使用して、食物繊維と一緒に摂取すると健康的です。

 

古来よりスタミナが豊富な食べ物として知られるスッポンは、血液循環を良くする食べ物としても重要です。スッポンを食べれば多種多彩なアミノ酸や造血成分が供給されて、体全体に浸透しますから、結果的には体全体の疲れも改善していきます。スッポンの薬膳スープには高麗人参を加えることがありますが、このような調理法にすれば、サポニンを豊富に摂取できることになります。人参のサポニンは、韓国料理の参鶏湯からも摂取できるため、日本のウナギ料理のように利用することがおすすめです。

 

高麗人参と同じ仲間になる植物では、田七人参も同様に血液循環を良くする食べ物です。田七人参にもサポニンが多く含まれることから、血液の不足が影響する問題に対しても、非常に役立つ性質を持っています。根菜類の種類で考える場合には、ゴボウに含まれるサポニンも大変に役立つものです。きんぴらゴボウを献立に加える場合には、サポニンと食物繊維をバランスよく摂取できるために、血液循環を良くする目的が達成できるのです。

 

野菜類では、トマトに含まれる食物繊維も血液循環を良くすることが知られています。トマトの食物繊維はペクチンと呼ばれるもので、皮も含めて調理した場合には余すことなく摂取できます。このようなことから、トマトは湯剥きをせずに利用することで、全ての栄養を摂取して血液循環を良くすることが可能になるわけです。

 

サプリメントだと、血液サラサラにする成分DHA/EPAが高配合されていて、かつ、抗酸化作用成分配合がおすすめです☆

 

血液循環を良くする漢方について

血液循環を良くする漢方は、成分の仕組みが判明する前から使われてきたものです。傷寒雑病論が編纂された時代には、有効成分の分析などを行うことは不可能だったのですが、古代中国人は経験的に効果を見出して、医学書を通じる形で日本へも伝わりました。血液循環を良くする漢方では、当帰四逆加呉茱萸生姜湯は代表的なものですが、原典となる傷寒論が記載されてからは2000年近い年月が経過しています。実際に効果的なために、西洋医学が主流の現代になっても廃れることがなく、血虚の症状で困った人も救っています。

 

血液循環を良くする漢方では、生薬としての人参も欠かせないものです。一般的には朝鮮人参などと呼ばれるもので、有効成分としてジンセノサイドというサポニンを含むことから、血液循環を良くする作用があることが分かっています。同時に血糖値を低下させたり、滋養強壮を促進させるなどの幅広い作用があるため、生薬の中では最も重要な部類に入ります。和剤局方に記載されている十全大補湯にも人参が配合されるため、サポニンを十分に摂取するために適しています。さらに、不足した血を補うために、熟地黄や当帰などの生薬も同時に含まれることで、十全大補湯は血液循環を良くする漢方としても優れています。

 

血液循環を良くすることが名前に書かれている漢方では、疎経活血湯も同様に役立ちます。活血とは血液の流れを良くすることで、中医学の理論の一つです。疎経活血湯は体を構成する気血水の流れを良くして、全身の自然治癒力を高めるために利用されてきました。生薬の種類は非常に多いため、超多彩な成分が絶妙なバランスで作用するのが魅力です。血液の流れが悪いために発生する痛みについては、疎経活血湯を使うことで対処できる場合がありますから、加味逍遥散などと比較して選ぶことになります。漢方では類方を適切に比較することで、体質に適合させて本来の効果を発揮させることが特に大切です。

 

 

血液循環を良くする薬とその副作用とは

血栓症やそれに伴う循環器疾患があるようなケースでは、対処療法の1つとして血液循環を良くする薬が処方され、血栓を防止するのが一般的です。ですがこの目的で処方される薬は、その性質や働きから副作用に注意する必要があります。
まず注意すべき副作用の1つが、血圧の降下です。一般的に処方される状況では高血圧になっているケースが殆どなので適度な降下であれば寧ろ問題が無いのですが、血液循環の亢進に伴って降下し過ぎる事もあり、伴って眩暈や倦怠感といった低血圧由来の症状を呈する事があります。
次に、薬の系統に拠って生じる副作用があります。血液循環を良くする薬には、主に血液内の凝固因子を抑える抗凝固系と、凝固する成分である血小板の働きを抑える抗血小板系の2つがあります。そして抗凝固系については何らかの事情で血管に傷が付いたりした場合においても、その作用が発揮され続けて血液が粘りを持ち難くなる事によって、出血に繋がり易くなる副作用を呈します。一方で抗血小板系は出血が起きた場合に、血小板の凝固によって作られる血栓も形成され難くなる事から、止血がし難い・時間が掛かるようになるという副作用を呈します。
加えて何れの系統にも多様な種類の薬がある事から、其々の薬における副作用も生じる可能性があります。抗凝固系の中には長期服用で抗体が生じて効果が発揮され難くなるものがありますし、抗血小板系の中には喘息症状を促進してしまったり、消化器系の障害に繋がる可能性のあるものが含まれています。
従って実際の臨床においては、慎重な経過観察を伴って投与される事になります。特に出血・止血に関する副作用は重要な臓器に関わる箇所で発生すると致命的な症状に繋がる可能性も否定出来ない事から、適宜状況を見ながら処方量を変更するといった対策が為されています。また特定の薬から生じる副作用については、該当すると思われる症状が見られるケースでは服用を中止し、代替薬の準備で対処される事となります。